施工管理技士補とは                三重県伊勢市の建設業許可関連が得意なアシストブレイン行政書士事務所

建設業の技術者に令和3年4月1日より2級施工管理技士補と1級施工管理技士補という制度ができました。

試験制度も変わり、これまでは学科試験に合格した後に実地試験に2回不合格となると、再び学科試験から受けなおさなければなりませんでしたが、令和3年4月1日以降は学科試験の名称が1次試験、実地試験の名称が2次試験に変わり、1度1次試験に合格すれば永久的に1次試験は免除され、何度でも2次試験から受験できるようになりました。

 

建設業界の人手不足解消に配慮したものと思われますが、受験する人にとってもありがたいことですね。

 

2級施工管理技士の1次試験にパスした者が「2級施工管理技士補」。1級施工管理技士の1次試験にパスした者が「1級施工管理技士補」となります。

 

経審では2級施工管理技士補は加点対象になりませんが、受験者にとっては1次試験に戻らなくて済むのはモチベーションに大きく影響すると思います。

 

仕事をしながら試験勉強をするのは大変ですが、頑張って資格取得を目指しましょう。