Image Alt

7月 2022

経審で実務経験により技術者と認めてもらうためには、10年以上その業種の工事に従事したことを証明するためにその間の請求書、その請求に対する入金が確認できる領収書の控えや預金通帳等の記