建設工事の種類・・・ガラス工事

建設業許可の中でガラス工事とは、工作物にガラスを加工して取り付ける工事とされています。

 

昔は木枠の窓が多くありましたが、現代ではほとんどの建物はアルミサッシが使われることが多くなりました。

木枠の窓は風情があるもので、それはそれで良いものですが、外気との境界に使うとなると、断熱性能や気密性からサッシが一般的に使われるようになりました。

 

冷房や暖房効率、遮音性に大きく影響することから、今ではペアガラスやトリプルガラスが普及しています。

STB0262A1SIRYO_05.pdf (buildingsash.net)

外で雨が降っていても気づかないときもあるほどです。

また、木製のサッシなどもありデザイン性と性能を両立しているものもありますね。

 

◎建設業許可を取るために必要な技術者の資格◎

ガラス工事で建設業許可を取るために必要な技術者の資格の例としては、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士(仕上げ)、職業能力開発促進法による技能検定によるものなどがあります。

 

◎経審では◎

ガラス工事は、経営事項審査(経審)で建築一式工事に積み上げることも可能です。

お問い合わせは三重県伊勢市の建設業許可関連が得意なアシストブレイン行政書士事務所までよろしくお願いいたします。